ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

マスク姿でアンロックするためにApple Watchを買うべきか?Apple Watchを買う前に気をつける5つの点

マスク姿でアンロック

コロナ禍でマスク姿が一般化して困ったことの一つは、Face IDが機能しなくなったことだ。Face IDはさまざまなセンサーとカメラで顔を認証するシステムなので、マスクで顔を覆うと機能しない。

マスク姿でも使用できる指紋認証「Touch ID」がもてはやされていたが、iOS 14.5ではApple Watchを装着しているとマスク姿でもiPhoneをアンロックできるようになった。

これは確かに便利で、外出先でパスコードを入れる必要がなくなった。

これを機会に、Apple Watchを買おうと検討している人がいると思うけど、マスク姿のアンロックのためにApple Watchを買う前に知っておく点をお伝えします。

f:id:tkan1111:20210505082726p:plain

充電するデバイスが増える

Apple Watchは腕時計だが電子機器なので、充電が必要になる。小型ボディのApple Watchのバッテリーは毎日充電しないと心許ない。

Apple Watchの充電器は専用なので、別途用意する必要がある。

セキュリティレベルが落ちる

Apple Watch + iOS 14.5 iPhoneでのFace ID認証は、マスク姿の顔を判別しているのではなく、「マスク姿」とだけ認識している。つまり誰のマスク姿でも認識して、アンロックしたApple Watchが近くにあればiPhoneもアンロックされる。

Apple WatchでiPhoneがアンロックされた場合は、Apple Watchに通知が届くので知らない間に他人がiPhoneをアンロックすることはできないが、寝ていたら通知に気づかない。

他人のマスク姿でも反応するということはFace IDと違うので、セキュリティレベルは確実に劣る。

Apple Payでは使えない

Apple WatchがFace ID代わりに使えるのはiPhoneのアンロックだけで、Apple Payや他の認証には使えない。だから、レジでiPhoneをアンロックできても、そのままiPhoneのApple Payで支払うことはできずパスコードを入力しないといけない。

ただ、Apple WatchではサイドボタンをダブルクリックするだけでApple Payが使えるので、Apple Watchで払えば大丈夫。

腕時計

Apple Watchは腕時計型ウェアラブルデバイスだ。携帯電話を持ち歩くようになり、腕時計を身につけなくなった人も多いと思う。当たり前だけど、腕にずっと巻きつけておく必要がある。パソコンでタイピングするときに腕時計が邪魔だと感じる人もいるだろう。

アプリが少ない

Apple Watchを初代から使っているが、Apple Watchをつける1番のメリットは「通知」と「Apple Pay」だと思う。iPhoneのようにさまざまなアプリを使いたいが、Apple Watchに対応したアプリは非常に少ない。最初の頃は対応していても使う人が少なかったからか非対応になったアプリも多い。

Apple Watchを知ってから買おう

マスク姿でのアンロックがわずわらしいという理由でApple Watchを買う前に、Apple Watchが何か、本当に自分が使えるか確認してからのほうが良い。

もちろん、ハマる人にはハマるので、ここで書いた懸念を承知で買うなら良いかと思います。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。