ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Apple Watchの新しい文字盤「ユニティライト」は案外使える

突然の新しい文字盤

2022年1月26日、Apple Watchに新しい文字盤が追加されたとiPhoneに通知が届いた。Apple Watchの新しいバンドBlack Unityブレイデッドソロループ発売にともなうもので、OSのアップデートなしに文字盤が追加されるのは珍しい(と言っていたら、今日になってwatchOSがアップデートされたので、フライング配信だったのかな)。

新しい文字盤「ユニティライト」をご紹介します。

案外使える

アメリカの黒人歴史月間を記念するユニティライトはデザインが凝っている。時計の針に合わせて光の向きが変わるので、観る時間によって文字盤のデザインが変化する。

ユニティライトはデザイン系の文字盤だけど、実用としても案外使える。

四角形と円形の2種類があり、使えるのは円形。四角形はカスタマイズが一切できないが、円形はコンプリケーションを4つも置くことが出来る。ただ、日付がないので、日付を表示すると、残りのコンプリケーションは3つになる。それでもデザイン系の文字盤の中では実用的なほうだ。

黒人歴史月間を記念してループバンドが同時に販売されている。パンアフリカンフラッグの色が織り込まれていて、綺麗なバンドだ。

f:id:tkan1111:20220127084320p:plain

壁紙も用意されている。https://www.apple.com/jp/watch/ にアクセスすると、壁紙をダウンロードできる(Macの場合は、「さらに詳しく」をクリック)。

f:id:tkan1111:20220127084357p:plain

バンド、文字盤、壁紙を合わせたら統一感が出てかっこいい。ぜひ使ってみてください。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。