ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

リマインダーを使ってiPhoneとApple Watchでメモを共有する方法

メモ機能がないApple Watch

watchOS 6になってボイスメモなど新しいアプリがいくつも追加されが、テキストタイプのメモは追加されなかった。ディスプレイが小さいApple Watchにはメモは不向きだとAppleは考えているようだ。

サードパーティ製のメモアプリはいくつもあるが、やっぱりApple純正アプリの安定感も捨てがたい。

メモはないが、今回Apple Watchにリマインダーが追加された。このリマインダーをメモがわりに利用することができる。

その方法を解説します。

f:id:tkan1111:20191020105146p:plain

リマインダーとは

iOSに搭載されているリマインダーは、行うべきタスクを教えてくれるアプリだ。iOS 13から画面が刷新されて、今日行うべきタスクがなにかわかりやすくなった。

f:id:tkan1111:20191020121613j:plain

Apple Watch版の画面もiOS版とほぼ同じ。こちらは iPhone版。

iPhoneでのリマインダーの作成方法

  1. アプリ「リマインダー」を開く。3D Touchからすぐにリマインダーを作成することもできる

    f:id:tkan1111:20191020122001j:plain

  2.  「今日」「フラグ付き」「マイリスト」中のリストのいずれかを選ぶ。「日時設定あり」「すべて」からはリマインダーを作成できない

    f:id:tkan1111:20191020122205j:plain

  3.  「新規リマインダー」をタップ

    f:id:tkan1111:20191020122308j:plain

  4. リマインダーを入力。右横の ボタンを押すと、通知する指定日時、指定場所やフラグなどを設定できる。時間を含めない日だけでも設定できるようになった。
    指定場所を設定すれば、「自宅を出発時」「会社から帰宅時」にリマインダーを表示させることもできる

    f:id:tkan1111:20191020122434j:plain
    f:id:tkan1111:20191020122901p:plain
  5. 入力し終わったら「完了」をタップ

    f:id:tkan1111:20191020123130j:plain

Apple Watch側の表示

iPhoneと接続しているApple Watchにリマインダーはすぐに反映される。「新規」をタップすれば、音声入力でApple Watchからリマインダーを作成することもできる。

f:id:tkan1111:20191020123416p:plain
f:id:tkan1111:20191020123429p:plain

さすがの安定感

リマインダー機能を用いれば、iPhoneとApple Watchの間で「メモ」を共有できる。サードパーティ製のアプリでも似たことはできるが、リマインダーは純正アプリらしく安定しているし、動作も素早い。

簡単なメモの共有なら「リマインダー」を使うのもひとつの手段だ。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。