ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

AppleがすすめるApple Watchの正しい着け方。フィット感でバンドを選ぶならどれ?

Apple Watchの装着方法

Apple Watchの正しい装着方法やバンドの素材についてのページをAppleは公開した。

 ワークアウト中はきつく締める

イラストも用意されていて、例としてスポーツバンドが使われている。

f:id:tkan1111:20191021101821p:plain

手首検出、Taptic Engine、電気/光学式心拍センサーが正しく機能するために、Apple Watch の裏面が皮膚に接触している必要があるとしている。

特にワークアウト中は、きつく締めるようにAppleは推奨している。

細かく調整するならループバンド

多くの人が最初のバンドとして選ぶスポーツバンドは、フルオロエラストマー製のバンドの穴にピンで留めるタイプだ。当たり前だけど、穴と穴の間でバンドを留めることができないので、どの穴もフィットしない場合がある。もう少しきつく締めたいけど、内側の穴だときつすぎるといった場合だ。

f:id:tkan1111:20191021103207p:plain

そういう時は、ループバンドを選択しよう。ループバンドはマグネットやマジックテープで留めるので無段階で調整できる。ループバンドには、ナイロン製のスポーツループバンド、ステンレス製のミラネーゼループ、革製のレザーループがある。

おすすめなのは軽量で安価なスポーツループバンドだ。4,800円で、9gの重さはバンドの中で最も軽い。

マジックテープで貼りつけるだけなので、装着・脱着もしやすい。装着時に余ったバンドがないのも手間がないし、金具を一切使っていないので装着したままパソコンなどを扱いやすい。

ナイロンなので肌触は多少ざらざらする。それが嫌な人はレザーループを選択するのもありだが、スポーツループバンドよりも重い。

肌ざわりはスポーツバンドもツルツルとしていてなかなか良い。バンドの穴が腕のサイズに合えば、スポーツバンドも選択肢に入る。

どれにせよ、様々なバンドを気軽に付け替えられるのがApple Watchの良いところ。複数のバンドを用意して、気分に応じて付け替えよう。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。